ブルゴーニュ地方 350,00 € 詳細

“永遠の丘”にたたずむヴェズレーは、フランスのもっとも美しい村のひとつ。ブルゴーニュ地方のヨンヌ県、パリから190kmのところに位置しています。ロマネスク様式の芸術作品であるサント・マリー=マドレーヌ寺院は、ユネスコ世界遺産に指定されています。ブドウ畑や田園に囲まれ、ヴェズレーの中世の家々はモルヴァン山を背景にしたキュール川の谷を見下ろしています。
9世紀、ベネディクト会修道者がヴェズレーの修道院を建立し、中世の時代、マリー=マドレーヌの聖遺物を得、公開しました。修道院の教会堂は、マリー=マドレーヌのための大聖堂となり、サンチィアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)の道を通るヨーロッパの巡礼者にとって、キリスト教信仰の聖なる地となりました。
12世紀、ベルナール・ドゥ・クレヴォー(聖ベルナール)が、ヴェズリーで第二回十字軍の派遣を呼びかけました。そして1190年には、イングランド王リチャード1世とフランス王フィリップ・オーギュストは、第三回十字軍の出発にむけて、ここに参集しました。
修道院は、100年戦争のときにかなりの部分が破壊され、革命時には採石場に姿を変えました。しかし、1840年に、建築家のヴィオレ=ル=デュックのおかげで、廃墟と化す運命から逃れ、再建されました。今日、私たちは2kmの城壁の周りを散歩することもできます。ロマン・ロランやジョルジュ・バタイユなど、多くの芸術家や作家たちをこの村はひきつけてきました。ゼルヴォ美術館は最近改装され、アメリカの彫刻家・画家カルダーの作品や、ミロ、マックス・エルンストなどの作品を展示しています。
Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)のブルゴーニュのツアーで、ヴェズレーを訪れてみてください。

.

COVID-19 information: Our tours and activities are not operated from Oct. 1 to Dec. 25. They can be booked online now for later dates. Click HERE to learn more about the sanitary measures implemented and the answers to frequently asked questions.