アヴィニョン

アヴィニョンガイド付き、音声ガイド付き見学

芸術の町であり、主要な観光・文化の中心地であるアヴィニョンは南フランス、ヴォクリューズ県にある市です。この町はまた、プロヴァンス地方の美食とコート・デュ・ローヌワインの中心地でもあります。その建築遺産は他に類を見ません。

中世の「教皇の都」の愛称で親しまれ、アヴィニョンは一世紀以上に渡りキリスト教徒の都でした。これは、歴史的建造物とその城壁を保存している数少ない都市の一つです。14世紀において教皇の住居であった教皇宮殿はヨーロッパ最大規模を誇るゴシック建築です。
また、国際的行事として、1947年に創設された世界的に名高いアアヴィニョン演劇祭があります。毎夏57万人もの観客が800以上の演劇を観に訪れます。
教皇宮殿とその地、城壁、プチ・パレ美術館、ノートルダム・デ・ドン大聖堂、庭園、アヴィニョン橋など、歴史ある町の大部分がユネスコ世界遺産に登録されています。10の美術館、1つのオペラハウス、いくつかの劇場も含まれています。
城壁のふもとには、アヴィニョンの橋として親しまれているサン・ベネゼ橋がローヌ川をまたいでいます。12世紀の建設以来、幾度か洪水による被害を被りましたが、年間30万人が訪れる、世界で最も有名な歴史的建造物の一つです。「アヴィニョンの橋の上で踊るよ、踊る…」これは、何百万人もの子供達によって親しまれてきた童謡です。
TGVで行くプロヴァンスの1日ツアーで、Pariscityvision.comのガイドと共にアヴィニョンを観光しましょう。