マルセイユ

フランス第二の都市マルセイユは、地中海に面するプロヴァンス=アルプス=コート・ダ・ジュール地域圏にあります。
国際色に富み、活気がある町マルセイユは、紀元前600年頃に築かれた、フランスでもっとも古い町。 オペラや17の美術館、42の劇場とともに、文化的な活気がみなぎっています。旧港は、この町を象徴する中心地。あけっぴろげで感染しやすい町のエネルギーのことを、ゴッホはこんなふうに言っています: 「今、私は、ブイヤベースをおいしそうに食べる元気のいいマルセイユ人のように、絵を描いているところです…」。このヨットハーバーの周りだけでも、マルセイユのすばらしくおいしくてボリュームたっぷりの名物料理、有名な魚のスープ、ブイヤベースを供すカフェやレストランを見つけることができます。 港の埠頭では、毎朝、魚市が開かれます。
上には、“ボンヌ・メール(いいお母さん)”と呼ばれ、町を見守る、ローマ・ビザンチン様式のノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド教会がそびえ、町や海や島々が一望できるすばらしいパノラマの景色が広がっています。港の入り口の右岸には、12世紀に建立されたサン・ジャン要塞とルネ王の塔が建っています。そして左岸には、大きなサン・ニコラ要塞があります。
湾の真ん中には、16世紀にフランソワ1世が築いた要塞、シャトー・ディフが見えます。 マルキ・ド・サドが勾留されたことと、アレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』で、この牢獄は世界的に有名になりました。マルセイユは、2013年の欧州文化首都に選ばれています。
Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)の 「TGVで行く1日マルセイユ」ツアーで、自由に町を訪れてみてください。屋根のない二階建てのバスツアーをご利用いただけます。 


Due to a national strike, the Palace of Versailles will be closed next Tuesday May 22nd. Click HERE to get more information.