ソンム地方

ソンムは、フランスの北の地域圏、ピカルディーの歴史において重要な地。先史時代から人が暮らしていたこの地は、パリとフランドルの間という、戦略上有利な地の利から、つねに渇望される場所でした。フランスの歴史上、とくに第一次世界大戦中に、ここでいくつもの大きな戦闘がありました。ソンムの戦いは、1916年に起こり、1918年にも攻撃を受けました。この二度にわたる攻撃は、この地に決定的な痕跡を残しました。第一次世界大戦の傷痕は、いまも目に見えて残っています:塹壕、地雷の窪み、墓地、消滅した植物、そして、完全に破壊し尽くされた村々。現在も、オーストラリア人やイギリス人やカナダ人の部隊が名を上げた場所を訪ねることができます。それは、ヴィレール・ブルトヌーのオーストラリア記念堂やペロンヌの“世界大戦の歴史”と同様、過去を忘れたくないという思いを表明している場所…。
Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)の追憶ツアーで、主だったソンムの戦いの地を訪ねてみてください。

1 ツアー

ミニグループでソンムの戦場ツアー

ミニグループでソンムの戦場ツアー

少人数グループツアーまたはプライベートツアー. デラックス・ミニバスで第一次大戦の戦場跡を訪ねます。ガイド・ドライバーが第一次大戦の最大の激戦地になった地帯をご案内いたします。Péronneペロンヌ市のレストランで地方料理をお召し上がり下さい。

所要時間 : 1 日間ツアー言語:
から €245.00 その他