ランス・シャンパーニュ地方
1 エクスカーション

ランス・シャンパーニュ地方ガイド付きツアー

1 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

シャンパーニュ地方は新石器時代以来、人が住んできた地方で、ランスの町には、フランスの何人もの王の戴冠式を行なった有名な教会があります。ゴシック建築の傑作、ユネスコ世界遺産に登録されているランス・ノートルダム大聖堂は、800年の歴史を刻み、2303体もの彫刻に装飾され、中でも名高い「微笑みの天使」は町の象徴となっています。さらに、1974年にマルク・シャガールによって製作された現代的なステンドグラスが壮麗さを際立たせています。サン=レミ聖堂、ヴァトーの豪華な装飾が際立つコンデ城など他にも見所があります。シャンパンもまたこの市の宝物です。修道士ドン・ペリニヨンが力を尽くしてきたようにワインの自然発泡が可能となり始めた頃、有名なワインが17世紀に生まれました。シャンパンハウスはヴーヴ・クリコ・ポンサルダン、ロデレール、マムといった主要ブランドと共にこの王の飲み物を製造し、祝宴の代名詞、世界におけるフランス精神の象徴となりました。
1743年に創立されたモエ・エ・シャンドンの名高い貯蔵庫があるエペルネの町も見逃せません。このシャンパンは、ナポレオンが愛飲していたことでも知られます。
Pariscityvision.comのランスのシャンパンツアーで、ガイド付き見学とシャンパンを楽しみましょう。

もっと見る より少なく表示
時間を守る

見学を準備