ジヴェルニー
6 エクスカーション

ジヴェルニー観光ツアー:クロード・モネの邸宅と庭

6 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

 

画家クロード・モネは、風景やポートレイトを描き、ピエール=オーギュスト・ルノワール、アルフレッド・シスレーとともに印象派を築きました。それは、絵画史を激変させた、19世紀の歴史に残るフランスの絵画の運動でした。モネによって色彩、テーマ、光のすべてが変わりました。ノルマンディー、特にヴェルノン近郊のジヴェルニーがモネのインスピレーションの源のひとつとなります。パリ近郊のバルビゾン、オーヴェル・シュル・ワーズなどもまた同様でした。印象派の巨匠クロード・モネは、人生(1883年~1926年)の後半43年間をノルマンディーのジヴェルニー(ウール県)にある、魅力的な自宅で過ごしました。この家は、現在、美術館となっています。歴史的建造物に指定され、年間50万人もの訪問者を迎えています。 よく保存され、樹々と花に囲まれ、印象派の光に満ちたロマンティックなこの家のなかでは、巨匠と彼の家族の息づかいを感じることができます。アトリエのサロンや色彩、続き部屋、家具、画家がインスピレーションを得ていた有名な日本の浮世絵コレクションなどを見ることができます。 外に出て、藤の花、アザレア、バラ、牡丹の咲く水の庭園へ行けば、 モネの美学や植物の宇宙へ誘われます。池には日本風の橋がかかり、しだれ柳が垂れ、そしてもちろん、モネの作品のなかで永遠のものとなった睡蓮が咲いています。睡蓮はモネが失明寸前であった晩年に手がけられたにもかかわらず、彼の最高傑作のひとつとなっています(連作「睡蓮」はパリ・オランジュリー美術館に収蔵されています)。モネは1926年、ジヴェルニーの墓に埋葬されます。巨匠へのオマージュとして、モネの名を託した黄色とピンクの一輪のバラが手がけられました。ジヴェルニーは、散歩を楽しみながら堪能できる、本物のすばらしい作品といえるでしょう。アメリカ人の庇護者によって、この自然の作品は老朽化せずにすみました。PARISCityVISIONでは、クロードモネ財団の見学ツアーをご用意しております – 84, rue Claude Monet – 27620 Giverny – 館内には画家の家、アトリエ、庭園があります。4月1日から11月1日、9時30分~18時まで年中無休当社のお役立ち情報「ジヴェルニーガイド」をご覧ください!

もっと見る より少なく表示