ノルマンディー
0 エクスカーション

ノルマンディー見学

0 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

No tours available for this destination. See similar activities

マンシュ県海岸、セーヌ川河口、向かいにはアングロサクソンの島々、その特異な地理的環境によって、ノルマンディーは、ローマ人とケルト人の狭間で、そしてスカンジナビア人とフランク人の侵略を通じて、豊かな歴史の舞台になりました。セーヌ川沿いルーアン、そしてバイキングの町カーン、比類なき航海者達が集まるブルターニュのサン・マロ、これらの町は主要な歴史的役割を果たしてきました。第二次世界大戦中の1944年6月6日に、フランス征服を開始し、連合軍が上陸した地が、ノルマンディー海岸です。ノルマンディーはまた、旅行者やパリの人達にとって人気の場所です。オンフルール港ドーヴィル・トゥルーヴィルの美しいビーチ、そして比類なきモン・サン=ミシェルも忘れてはなりません。その豊かな土壌、ボカージュの景色、木組みの家々、よく実った果樹園、シードル、乳製品により、ノルマンディーはフランスの文化的アイデンティティの一部となっています。
1944年6月6日の連合軍によるノルマンディー上陸は20世紀の、とりわけ第二次世界大戦の重大な転換として歴史に残っています。世界中から訪れる人々が黙祷する象徴的ポイントを一周することにより、艦船5千隻、戦闘機1万2千機、兵士15万6千名が上陸した決行日(D-Day)まで時を遡ることができます。部隊はアメリカ軍、カナダ軍、イギリス軍だけでなく、他の連合軍、自由フランス軍、ポーランド、ベルギー、チェコスロバキア、オランダ、ノルウェーの部隊などがありました。
最初の見逃せないポイントはカルヴァドス県のカーン・メモリアル(別名平和記念館)です。その先に感動を誘う2つのポイントがあり、ひとつはマンシュ県のコルヴィル・シュル・メールに位置するオック岬、これはオマハ・ビーチとユタ・ビーチの間に位置しノルマンディー海岸の浜辺から30mの高さに張り出した場所です。もうひとつは70ヘクターの土地に戦死した9,387名のアメリカ兵士、とりわけセオドア・ルーズヴェルト大統領の息子の亡骸が眠っているサン・ローラン米戦士墓地です。
さらなる見所としては連合軍によるアロマンシュの人工港があり、これは大半が対空砲台を搭載した230の鉄筋コンクリート製潜函による堤防でできたものでした。またカルヴァドス県のジュノービーチ・センターは第二次世界大戦におけるカナダの功績を讃えた記念館です。
Pariscityvision.comによるノルマンディーと上陸海岸ツアーで一番長い一日を再現させてみましょう。 

もっと見る より少なく表示