モン・サン・ミッシェル
3 エクスカーション

モン・サン・ミシェルへのガイド付きツアー、自由観光ツアー

3 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

「切り立った大修道院、陸から遠く、あそこに押しやられ、あたかも幻想的な館のようであり、夢の宮殿のごとく驚異的で・・・」と作家ギ・ド・モーパッサンはモン・サン・ミッシェルについて語っています。ここへの訪問は忘れられない思い出になると言われていますが、これは本当です。ユネスコ世界遺産に登録されているモン・サン・ミッシェル湾はパリからおよそ280km、ブルターニュとノルマンディーのコタンタン半島の間に位置しています。
千年に渡る信仰と才能の歴史が、地と海の間に建てられたこの西洋の驚異を作り上げました。アヴランシュ司教オベールがこの花崗岩質の岩でできた小島に最初の教会を建てたのが709年でした。これは10世紀から16世紀にかけて数度の建築により補足され、この間に岩の南東面に中世から村が繁栄しました。
モン・サン・ミッシェルは毎年、巡礼者と観光者を含めた350万人のビジターを迎えています。この湾は潮の干満差がヨーロッパ大陸で最大の場所であり、海が「馬の駆歩の速さで上昇する」と言われています。主要路である大通りには、見逃せない宿屋「ラ・メール・プラール」をはじめとしてミュージアム、中世の家々、商店が並んでおり、その先にラ・メルヴェイユとその回廊、そして170mの高さにそびえるロマネスクの大修道院付属教会に達します。そこから城壁通路またはいくつもの小さな庭が彩る周回道路を下りながら湾の比類ない美しさが堪能できます。
Pariscityvision.com ではモン・サン・ミッシェルの秘宝をガイド付きでご紹介いたします。

もっと見る より少なく表示