ノルマンディー見学 229,00 € 詳細

“100の鐘楼の町”とも呼ばれるカーンは、フランスの北西、パリから200kmに位置する、バス=ノルマンディー地域圏にあります。作家のマダム・ド・セヴィニエは、「この地方はとても美しいが、なかでももっとも美しい町がカーンである」と語っています。
ヴァイキング、そして、1050年頃にはギヨーム・ル・コンケランの町であったカーンは、第二次世界大戦までは、すばらしい遺産を受け継いでいました。ノルマンディー上陸作戦の際の激戦地となり、1944年には町の70%が破壊されました。町は平和記念館を築くことで、記憶をとどめることができました。旧防塞の敷地に建てられたこのメモリアル記念館では、オーディオガイド付きの見学ができ、映画、ドイツ軍に支配されていたときの日常品の展示、そして入り口には、イギリスの戦闘爆撃機「ハウカー・タイフーン」が天井から吊られています。この町は、上陸した海岸からは数キロしか離れておらず、ドーヴィルやカブールなどの有名な海水浴場からも数キロのところにあります。
破壊されたにもかかわらず、町には、ギヨーム・ル・コンケランとマチルド・ド・フランドルの二人によって築かれた豊かな遺産がありますヨーロッパでいちばん広い城壁のひとつをもつドゥカル城には、今日、ノルマンディー博物館と美術館があります。また夫妻は、すばらしい眺めの丘の上に、男子修道院と女子修道院をそれぞれ作りました。
カーンのメモリアル記念館へは、Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)のさまざまなノルマンディーのツアーで訪れることができますが、なかでも「ノルマンディーと上陸海岸」のツアーがおすすめです。

.

COVID-19 information: Our tours and activities are not operated from Oct. 1 to Dec. 25. They can be booked online now for later dates. Click HERE to learn more about the sanitary measures implemented and the answers to frequently asked questions.