印象派

1824年に発見された写真は、絵画を激変させました。それは、絵画を現実に近づけることを無意味にしました。違うものを表現し、鑑賞者に違うものを見せなくてはいけなくなりました。歴史的な主題や神話的主題は捨て、画家たちは戸外で描くためにアトリエを出ました(彼らはモティーフを見ながら描きました)。柔らかいチューブの絵の具が発明されたのもそれを可能にしました。
印象派を形作ったのは、モネ、ルノワール、シスレー、マネ、セザンヌ、ドガ。彼らは絵画の新しいコンセプトを見つけ、彼ら自身の印象を描きました。動いているものや人たち、出来事(光、風、雪、水)…。彼らの色は振動しています。印象派の画家たちは、アカデミズムと決別し、モダンアートになりました。マネの表現がそれを要約しています。「私は、自分が見たものを描く。他人に迎合はしない」
印象派の呼び名は、馬鹿にした批評に由来しています。1872年、クロード・モネがこの新しい潮流のなかで描いた「印象、日の出」が、印象派の絵画の名前となったのです。マネの「草上の昼食」がそのパイオニア的な作品で、その後、モネの「睡蓮」やルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」のように多くの画家が追従しました。それらの作品は、今日、オランジュリーやオルセーのようなパリの美術館で観ることができます。しばらくのち、この潮流には、ゴーギャンやゴッホら他の画家たちも加わりました。
印象派を愛する場所はいくつもあります:モネのファンなら、ノルマンディージヴェルニー(とくに印象派美術館)、またオーヴェル・シュル・オワーズや、もちろんパリオルセー美術館、マルモッタン美術館なども重要です。これらの美術館は、印象派と後期印象派の作品コレクションを世界中でもっとも多く所有しています。
Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)のツアー、オーヴェル・シュル・オワーズとジヴェルニー、あるいはパリのランチクルーズとオルセー美術館(自由見学/優先的な入場)でフルタイムの1日をお楽しみ下さい。


Due to a national strike, the Palace of Versailles will be closed next Tuesday May 22nd. Click HERE to get more information.