オルセー美術館
7 エクスカーション

パリ・オルセー美術館のチケット:チケットと優先入場券での優先アクセス

7 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

オルセー美術館は印象派およびポスト印象派の絵画の世界最大コレクションを展示していることで有名です。セーヌ左岸にあり、万国博覧会に向けてヴィクトール・ラルーにより1898年に建築された駅の構内に創設されました。優美な宮殿といった趣のあるこの場所は、1848年から1914年までの西洋の芸術作品を対象に1986年開館しました(1848年以前の作品を展示しているのはルーブル美術館)。
このコレクションは絵画(5千点以上)から彫刻、装飾芸術、写真を経て建築に至るまで、極めてバラエティーに富んだ表現形の集約となっています。
現代的に修復されたギャラリーに展示されている絵画の中には何百もの傑作があります。ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」、セザンヌの「カード遊びをする人たち」、モネの「睡蓮の池」、クールベの「世界の起源」、ファン・ゴッホの「星降る夜」、そしてまたマネの「オランピア」などが一堂に会しているのです。これらの作品はルーブル美術館からポンピドゥーセンター国立近代美術館の作品への完璧な橋渡しをしています。オルセー美術館ではまた、企画展、コンサート、フィルムフェスティバル、一般の主題についての会議などを季節別に提供しています。
近年の改築により装飾芸術のみを扱った5階がオープン、更にパリの街の素晴らしい展望のあるカフェも拡張されました。
Pariscityvision.com ではランチクルージング「ORSAY」+オルセー美術館(優先入場付き)による当館見学をご用意いたしております。

もっと見る より少なく表示