ルーヴル美術館
11 エクスカーション

ルーヴル優先入場券:パリで最も有名な美術館への優先入場

11 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

「美術館は世界である」、ルーブル美術館はこの言葉の普遍的な、生きた証人です。存在する中で今日のビジター数ナンバーワン、また21万平米の展示面積を持つパリで最大の美術館でもあります。パリの中心部、右岸の河畔にある館より数kmに渡って伸びる展望は、チュイルリー公園コンコルド広場シャンゼリゼ大通り凱旋門を通り抜け、ラ・デファンスのグランダルシュまで続きます。 フランス国王の居城として使用されたこのカペー朝王宮は、数世紀に渡って幾度もの拡張工事が施され、1793年、フランス革命時に国立美術館になりました。更に大規模なものにするために、1988年に改築工事がイオ・ミン・ペイにより手がけられました。現在美術館入り口になっている高さ20m以上の有名なガラスのピラミッドが生まれたのはこの時です。 3万5千点を越えるルーブルのコレクションは全て1848年以前のもの(1848年以降の作品はオルセー美術館に収蔵)であり、古代オリエント部門、古代エジプト部門、古代ギリシャ部門、エトルリア・ローマ部門、イスラム美術部門、彫刻部門、工芸部門、絵画およびグラフィックアート部門の8つに分かれています。静寂の詩情の中で、スフィンクス、石棺、その他の栄えある遺物が、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザ、ヴェロネーゼのカナの婚礼、ミロのヴィーナス、ナポレオン1世の戴冠式といった世界的に著名な傑作の数々と一堂に会しています。 ルーブル美術館のガイド付き見学にはぜひParisCityVision.com のガイドをご利用下さい。または、自由行動によるルーブル美術館音声ガイド付き見(優先入場)もご選択可能です。

もっと見る より少なく表示