エペルネ

「エペルネーはシャンパンの町である。それ以上でもなく、それ以下でもない。」 これはヴィクトル・ユーゴー の言葉です。マルヌ県に位置する、「シャンパンの都」は同じくシャンパンの町であるランスから26km、パリから120kmに位置しています。
ガロ・ローマ時代より中世まで、エペルネーの歴史はシャンパンの歴史と密接な関係があります。ブドウ畑の名声が、「川のワイン」としてフランク人の使徒であり、ランス司教である聖レミに認められたのです。この名は、エペルネー とオーヴィレール近郊のマルヌ川沿いにあるブドウ畑に由来します。彼は神秘的なワインにその特殊性を与えている土壌の個性を発見しました。遷移帯に位置する海洋性気候、白亜質の下層土、丘陵の起伏です。
ランスのルイナール設立1年後の1730年にシャノワーヌ兄弟はエペルネー初のシャンパンハウスを設立しました。ここに真のシャンパンが誕生し、周知の通り、1736年ヴォルテールによって賞賛され、1853年にアルフレッド・ド・ヴィニーはこう記しています :「幸福の光がアイの泡で輝いている」。
町には誉れ高い酒蔵があります。世界で最も大きい樽を持つメルシエ、ド・カステランヌとその塔、そしてもちろん、1743年に設立され、皇帝ナポレオン1世に愛されたモエ・エ・シャンドンのものです。見学ができ、シャンパンの製造と醸造のノウハウについて学ぶことができます。そしてもちろん...ワインを味わいましょう!
Pariscityvision.com  ミニバスで行くランスのシャンパンツアーでエペルネーを観光しましょう。

オプショナルツアーのご案内
ミニグループでランス・シャンパーニュガイドツアー - パリ発 プライベートツアー
所要時間 10:30 時間
から €249.00