ヴァンドーム広場

ヴァンドーム広場はパリで最も知られた広場のひとつであり、世界でも有数の豪奢な広場です。この広場はチュイルリー公園の北側でオペラ・ガルニエに近く、マドレーヌ寺院の東側に位置しています。この広場はルイ14世の栄光を讃えて敷設されました。太陽王は王家の大行事を祝う壮麗なスペースを所望し、マンサールにその建築を託しました。当初ルイ大王広場と名づけられたこの広場の中央には王の騎馬像が立てられていました。王政のシンボルであったこの像はフランス革命時に取り壊されます。同じ場所に1810年、ナポレオンがアウステルリッツの戦いの記念碑として、ローマのフォルムにあるトラヤヌス記念柱を模したヴァンドームのコラム(円柱)を立てさせました。ブロンズのコラムの頂点に Caesar imperator(皇帝陛下)と表記された皇帝の彫像が伺えます。このコラムはロシア軍およびオーストリア軍から没収した1,200本の大砲を鋳造して作られたものです。ヴァンドーム広場13番地のオテル・ド・ブールヴァレには司法省が置かれています。この周囲にはファサードが歴史的建造物に指定された民間のホテルの数々、名高い高級宝石店、そしてあのホテル・リッツなどが並んでいます。オペラ座に直接通じる有名な平和通りは第一帝政時代に、現在のヴァンドーム広場の面積の半分を占めていたカプチン会修道院の場所に作られたものです。この素晴らしい広場はPariscityvision.comが提供するちょっと変わったツアー、電動自転車でのガイド付きパリ観光およびその秘密の場所の手始めに、または夜間パリのイルミネーションにてご覧いただけます。

.

COVID-19 information: Due to the coronavirus situation, our tours are canceled until September 1st. Bookings for tours after this date can be made directly online. Check out our latest update HERE.