EUR

Langue

Devise

EUR- Euro
ARS- Peso Argentino
AUD- Australian Dollar
BRL- Real Brasileiro
GBP- English Sterling Pound
CAD- Canadian Dollar
CNY- 元人民币
HKD- Hong-Kong Dollar
JPY- 日本円
MXN- Peso Mexicano
CHF- Franc suisse
USD- US Dollar
オーヴェール・シュール・オワーズ Search bar

オーヴェール・シュール・オワーズ観光ツアー

全てのツアーとアクティビティ

検索

フィルター

ツアー言語

所要時間

価格

および

交通機関のタイプ

観光タイプ

追加オプション

プロモーション商品
貸し切り可能な商品
優先アクセス
ピックアップを含む
身体障がい者用アクセス
子ども向け

少人数グループツアーまたはプライベートツアー. 印象派画家クロード・モネの邸宅と庭園の見学。ジヴェルニー印象派美術館の見学。昼食込み。ヴィンセント・ファン・ゴッホが過ごしたオーヴェール・シュール・オワーズ村の見学。彼の宿屋であったオーベルジュ・ラヴーの見学。入場券込み。 ご滞在のホテルまでデラックス・ミニバスでお迎え、お送りするリッチなセットです。(パリ市内のみ)

所要時間:   9:30 hour(s)
言語:
照会番号: AGM

209,00

オヴェール・シュル・オワーズの世界的な名声は、この地にインスピレーションの源を求めてやって来たセザンヌ、モネ、ピサロ、ファン・ゴッホらの印象派画家たちにより打ち立てられました。「大きな安らぎを感じさせる空気があり(…)緑は美しく豊富で整然としている」とフィンセント・ファン・ゴッホは1890年5月に書いています。パリから26kmでヴァル・ドワーズ県に位置し、オワーズ川河畔の中世の香り漂うこの小さな村は、詩人フランソワ・ヴィヨンが語るように、まさに中世から芸術家たちを惹きつけてきました。
19世紀末になり、田舎での休養とボート遊びがパリジャンの間で大流行しました。その一例が、モネが有名な「睡蓮」の連作を描くのに居を構えたジヴェルニー地方です。パリとオヴェールを結ぶ鉄道路線の開通により観光客や絵画の巨匠たちがここに足を運ぶようになりました。ファン・ゴッホはこの土地で最後の100日間を過ごし、最高傑作の幾つかを描いています。
この村には画家たちと交流の深かったガシェ医師の家があり、近代芸術家の作品を展示しています。それはファン・ゴッホが滞在し最期を迎えた、今日では歴史的建造物となっているラヴー亭からほどよい距離にあります。
この村の昔ながらの路地や小道を散策しながら印象派たちの跡をたどってみたり、ファン・ゴッホによってその名を不朽のものとしたオヴェール・シュル・オワーズ教会やレリー城を訪ねてみるのも良いでしょう。アブサン博物館、風景画家のドービニー美術館もお忘れなく。
Pariscityvision.comでは、オヴェール・シュル・オワーズ観光を含めたクロード・モネとフィンセント・ファン・ゴッホを訪ねる一日(優先入場付)のガイド・バスツアーをご用意しております。