ヴォー・ル・ヴィコント
4 エクスカーション

ヴォー・ル・ヴィコント城ガイド付き、音声ガイド付き見学

4 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

パリから55km、セーヌ・エ・マルヌ県でヴァンセンヌとフォンテーヌブロー両王宮の間のマンシーに、ルイ14世の財務卿ニコラ・フーケにより建てられたフランスで最大の私有の城、ヴォー・ル・ヴィコント城があります。この建築的・装飾的傑作はおおむね3名の男の才能によるものであり、それは建築家ル・ヴォー、画家兼装飾家ル・ブラン、造園家のル・ノートルでした。この城は後にヴェルサイユ宮殿建築のモデルとなります。
優雅さ、洗練さ、そしてとりわけその規模で驚嘆させられる建造物、そして「フランス式庭園」は40ヘクターのスペースと3km以上の見通し線の周りに整然とした姿を見せています。どの場所からでもその舞台効果は抜群であり、見る人に風景全体の中心となっている感覚を与えます。
城は長方形の地盤の上にあり、100歳を超える鯉も見られる水の道がそれを囲んでいます。内部には、太陽王の部屋や豪華な装飾をほどこした式典用大広間以外に、料理長フランソワ・ヴァテルがルイ14世のために新しいデザート(後にクレーム・シャンティイとなる)を発明した厨房が見られます。3千人の食客を招いた17世で最も華やかな祝宴のひとつが開かれたのはヴォー・ル・ヴィコントにおいてでした。キャンドルナイトの際には、城内および庭園に2千本の蝋燭が灯され、当時の祝宴のムードを再現します。
Pariscityvision.comではヴォー・ル・ヴィコントとフォンテーヌブローを含む日中のエクスカーションによる城の観光、または夜間のミニバス・ツアー、ヴォー・ル・ヴィコント・ディナーとキャンドルナイト(優先入場付き)をご用意しています。

もっと見る より少なく表示