ヴェルサイユ庭園
6 エクスカーション

ヴェルサイユ庭園

6 エクスカーション

ディスプレイ:
分類内容

アクティブフィルタ:

ヴェルサイユ宮殿の庭園と公園は、パリの南西ヴェルサイユに位置しています。これらも宮殿と同様、ユネスコの世界遺産に登録されています。庭園では毎年1千万人の観光客を数えます。
ルイ14世は宮殿の庭園を宮殿と同様に重要視し、宮殿と釣り合う庭園を望みました。1661年、既にチュイルリー公園ヴォー・ル・ヴィコント城の功績で有名であったアンドレ・ル・ノートルを起用し、新たなる傑作の創造を託しました。
コルベール、ル・ブラン、マンサールの補佐を得て、ル・ノートルは800ヘクタールの公園内に90ヘクタールのフランス式庭園を造ります。数千人を使った途方もない規模の工事が40年間続きました。宮殿周囲の沼地を改造し、フランス全土から来る成木を植えなければなりませんでした。宮殿以外にも、公園内には大トリアノン、小トリアノン、愛の神殿、王妃マリー・アントワネットの田舎風離宮、大運河、オランジュリーなど見事な建造物が、まるで高貴な宝石箱の中のように点在します。庭園は2,000の池と噴水、35万本の木を有し、毎年30万本の花を植えています。
この地で見られるのは白大理石の彫像、彫刻と壺類の群で内容も豊かな本当の野外美術館です。毎年夏には大噴水ショーが催され、噴水や植込み、そして音楽のリズムに合わせてほとばしる水を鑑賞する比類ない機会を提供します。もうひとつ見逃せないのは、日暮れ時にライトアップされた王宮庭園が目にも耳にも驚嘆すべき散歩道となる夜の噴水ショーです。
夏の美しい午後にヴェルサイユ・スペシャル・大噴水ショーツアーによる庭園のガイド付き見学を、または夕刻、ヴェルサイユでのロイヤル・イブニングはいかがでしょうか。

詳細... より少なく表示