EUR

Langue

Devise

EUR- Euro
ARS- Peso Argentino
AUD- Australian Dollar
BRL- Real Brasileiro
GBP- English Sterling Pound
CAD- Canadian Dollar
CNY- 元人民币
HKD- Hong-Kong Dollar
JPY- 日本円
MXN- Peso Mexicano
CHF- Franc suisse
USD- US Dollar

リュクサンブール公園

リュクサンブール公園は、カルチェ・ラタンの真ん中、1958年から元老院が置かれているリュクサンブール宮の隣に位置し、一般公開されています。パリの6区にあり、ソルボンヌやサンジェルマン・デ・プレのすぐ近くです。
町の中心にありながら、気持ちのいい空気が享受できる場所…。ここはパリでもっとも大きな庭園の一つ(25ヘクタール)で、1612年にマリー・ド・メディシスによって造られました。彼女はリュクサンブール宮(最初のオーナー、フランソワ・ドゥ・ピネ、リュクサンブール公爵の名前に由来)のために、フィレンツェのボボリ公園とピッティ宮殿に着想を得ました。
誰もが認めるロマンティックな場所で、観光客も、散歩好きなパリっ子たちも集まる所です。パリジャンがつけたニックネームは「ルコ」。長い小径と、小さな森、そして広い芝地があり、アンドレ・ル・ノートルによって造られたフランス風とイギリス風の広い花壇があります。メディシスの泉を含む100以上もの彫像、ミツバチの巣箱、オレンジ用温室、温室、果樹園、樹齢何百年という見事な樹木などといったすばらしい宝ものが、この公園にはあります。宮殿の向かいにある大きな噴水盤では、子供たちがミニチュアの木舟で遊んでいます。そして有名な野外音楽堂では、春や夏に、クラシック音楽やジャズ、ワールドミュージックのコンサートが行われます。
パリの公園:ビュット・ショーモン公園はツーリストや散歩好きなパリっ子たちのお気に入りです。
リュクサンブール美術館は、1750年にフランスで初めて一般公開された「王室絵画館」が前身です。庭の格子では、社会、発見、環境をテーマにした写真の展示がされます。
Pariscityvision.com(パリシティヴィジョン・ドットコム)のツアー「パリ・エッセンシャル」では、コメント付きで、パノラミックバスの上階からこれらの庭をご覧いただきます。