パレ・ロワイヤル
2 エクスカーション

パレ・ロワイヤル

2 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

栄えある名所、パレ・ロワイヤルは宮殿の他に、アーケード、高級ブティックの揃った通りや回廊に囲まれた庭園、有名なモリエールの跡継ぎ「コメディ・フランセーズ」および劇場を中枢に秘めた、知られざる見事な集合体です。パリでも唯一のこの場所は1633年にリシュリュー枢機卿が創設しました。パレ・ロワイヤルはパリ1区、ルーブル至近でオペラ・ガルニエからも程近い場所に位置しています。ヴェルサイユ宮殿が建つ以前は、ここが王宮となっていました。
今日では「ビュランの柱」と一般に呼ばれ中庭に設置された、ダニエル・ビュラン作の有名な260本の白黒ストライプ模様の大理石円柱群「二層台地」のように、現代アートの作品も伺われます。高名なファッションデザイナーのブティック(マーク・ジェイコブス、ステラ・マッカートニー…)が並ぶアーケードをそぞろ歩くのも良いでしょう。
文化省と憲法評議会の間、オルレアン回廊の広場には正方形の泉が二つあり、アンドレ・マルローの命によりベルギーの彫刻家ポール・ビュリー作成の球体を集めた噴水と共に、周囲の建築物とパリの空を万華鏡のごとく反映しています。
1784年開業の、パリで最古参のレストランと言われるル・グラン・ヴェフールのあるボジョレー回廊ではグルメもまた重要な位置を占めています。作家のコレットやジャン・コクトーなど、数多くの芸術家たちがここを居住地としました。
Pariscityvision.comによる一風変わったガイド付きツアー、パリが秘める財宝 : パレ・ロワイヤルからオペラ・ガルニエを一度お試し下さい。

 

もっと見る より少なく表示