ロワール渓谷の古城
3 エクスカーション

ロワールの古城のガイド付きツアー、周遊ツアー

3 エクスカーション

Display:
分類内容

アクティブフィルタ:

ルネッサンスの傑作、魅惑的な史跡、ロワールの古城は、「フランスの庭」と呼ばれる田舎での穏やかな生活に芸術と歴史が溶け込む宝物です。

ロワールの古城の各々は、技術的、建築的知識、そして、美の意識を反映しています。426の部屋と282本の煙突があるシャンボール城、シェール川をまたぐシュノンソー城アンボワーズ城、レオナルド•ダ•ヴィンチが晩年を過ごしたクロ・リュセ城、ヴィランドリー城トゥールシュヴェルニー城アンジェなど。どの城も美しい田園地帯の中心部に位置し、類稀な庭園に囲まれています。

「ロワールの古城」の名前は、他に類を見ない、それらの城が近接していることに由来します。歴史的建造物が驚くほど密接した環境により、かつて15世紀~16世紀には王室の住居として選ばれたロワール渓谷は、フランスでは過去最大規模で、ユネスコ世界遺産に登録されました。

もっと見る より少なく表示