サント・シャペル
5 エクスカーション

サント・シャペル:開館時間とチケット

5 エクスカーション

ディスプレイ:
分類内容

アクティブフィルタ:

ノートルダム大聖堂があるパリの歴史的な中心地シテ島に、ルイ9世(聖ルイ)は聖遺物を納めるためにサント・シャペルを作りました。サント・シャペルのチケットをオンラインで注文し、パリで最も魅力的な建造物の1つをご見学ください。 

サント・シャペルまたは聖ルイの信仰心

非常に信仰心の厚かったフランス国王ルイ9世は、その治世を信心と信仰に捧げました。ルイ9世は治世の間素晴らしい価値を持つ聖遺物をいくつか獲得しました。その中にキリストの受難の物語の中でキリストが着けたいばらの冠むりである聖冠やキリストが架けられた十字架の一部が含まれています。

これらの聖遺物にその栄光と価値を称える荘厳な場を与えるために、聖ルイはサント・シャペルの建設を命じました。この素晴らしい建物は1240年代にたったの7年間で建てられました。まさに当時を代表する偉業だと言えるでしょう。何世紀にもわたり歴史を刻み、フランス革命や度重なる戦禍を逃れたサント・シャペルは現在でも世界各地から訪れる人々を魅了しています。

美しいパリの中世ゴシック建築

サント・シャペルは輝かしいゴシック建築様式が特徴です。サント・シャペルのチケットを購入し一歩中に入ると、非常に数多くのステンドグラスに驚かされるでしょう。側廊も周歩廊もアーケードもない非常にシンプルな建築のサント・シャペルは、巨大な聖遺物箱として考えられました。美しく類まれな聖遺物を納め、その価値を称える巨大な箱です。

尖りアーチのヴォールトを使用する建築技術の進歩により、多くのスペースを解放でき、巨大なステンドグラスを設置できるようになりました。サント・シャペルを訪れる人々は、高さ15mのステンドグラス15枚を楽しむことができます。これらは、1,113の聖書の物語を表しています。 

息を飲むような美しさのサント・シャペルをご見学ください

宗教的な建物としてだけでなく、聖ルイはまたその治世とカペー朝の栄光を称える建造物を建設したいと考えました。繊細な壁と柱、数多くのステントグラスから、当時の素晴らしいノウハウと膨大な富を目にすることができます。建物の中に一歩足を踏み入れると、そこはシンプルであるだけでなく、神授権を表す王朝の栄光を表す建物の中です。

天気の良い美しい日にサント・シャペルをご見学になることをお奨めします。ステンドグラスを通る光が色を絶え間なく変化させ、特別な雰囲気を作ります。壮大でありながら精神的な印が刻まれたこの場では、感情が凝縮したような美しさに魅了されることでしょう。サント・シャペルを訪れ、パリで類まれな体験をお楽しみください。

シテ島にある古い宮殿の名残であるコンシェルジュリーと共にサント・シャペルをご見学ください。

詳細... より少なく表示