マレ

パリの中心部、右岸3区と4区の中間に位置する歴史的地区で、シャトレレ・アールバスティーユに隣接しています。
この地区は12世紀にセーヌ川の古い分流に建設されました。干拓後、沼地は宗教団体らによって耕作地とされ、パリ市の菜園用に改造されました。ここに宗教・軍事団体であるテンプル騎士団が施設を配置しましたが、当時この一帯はパリの周辺部でした。モンモランシー通り51番地に1407年築のパリ最古の民家と言われるニコラ・フラメルの宿屋が見られます。17世紀には王の広場(1800年にヴォージュ広場になる)が敷設され、特徴的な赤レンガと白い切石の私邸にフランスの貴族階級が招かれました。後に記念館になったヴィクトル・ユーゴーの家は広場の6番地にあります。ユーゴーはここでとりわけレ・ミゼラブルの大半を執筆しました。
この地区で他にミュージアムとなっている邸宅にはカルナヴァレ博物館ピカソ美術館があります。そのすぐ近く、古風な造りの壁面が並ぶ、歴史深く愛らしい路地にはブティック、バー、そして数多いアート・ギャラリーが揃っています。そして、コーシェル規定のレストランや肉屋が並ぶ、パリ・ユダヤ人街の有名な大動脈、ロジエ(バラの木)通りもまたこの地にあります。マレはゲイ社会が集まるのを好むパリで最も進んだ界隈のひとつと言えるでしょう。
Pariscityvision.comがご提供するマレ地区:パリの中の村落での散策中に、あるいはツアー、パリ発見でのミニバス中からマレ地区をご堪能下さい。

1 ツアー

ロープン・トゥール券 - E-チケット

パリ観光に乗り降り自由のバス: オペラ座、シャンゼリゼ大通り、凱旋門、エッフェル塔、アンヴァリッド廃役院、ルーブル美術館、ノートルダム寺院、バスティーユ広場等。 オープントップのバスに音声ガイド。3 本のルートで乗り降り自由、34 箇所の停留所。

所要時間 : 1 日間ツアー言語:
から €33.00 その他