パリの大通
4 エクスカーション

パリの大通

4 エクスカーション

ディスプレイ:
分類内容

アクティブフィルタ:

1850年頃、ナポレオン3世は、中世パリの近代都市への転換を望んでいました。ロンドンに触発され、町に新しい空気を吹き込むため、大通りを整備し、開放的な広場を設け、地区全体を再開発するよう、オスマン男爵に求めました。

オスマン男爵によって整備された凱旋門エトワール広場は12の大通りの交差点であり、中でも世界で最も美しいシャンゼリゼ大通りがあります。これは、コンコルド広場チュイルリー公園ルーブル美術館に至る主軸に位置しています。

古いパリの趣きある路地もまた木々と切石の特別な住宅が連なるグラン・ブルヴァールとなりました。南北軸上にパリの中心を通る、マドレーヌ大通り、オペラ大通り、セバストポル大通りはこうして生まれました。神話的なサンジェルマン大通りは、セーヌ川に平行し、サンジェルマン•デプレカルチエ・ラタンなど東から西へと左岸を渡ります。

詳細... より少なく表示