テルトル広場

かの有名なテルトル広場は海抜130mの、パリで一番高い丘陵であるモンマルトルの丘にあり、昔のモンマルトル村の中心部に位置しています。この広場はパリでも有数の観光地となっています。風情があり活気に満ちたこの広場にはテラス、レストラン、そして140名のアーティスト(画家、肖像画家、風刺画家)とその画架が常時陳列されています。各アーティストは1m2が与えられ、野外で作品を展示しては絵筆をふるっています。大都会の中の村落といった雰囲気のあるここでは幾つもの路地、ヴィシー風のテーブルクロスのかかったテーブル、1793年開業のレストランでパリ最初のビストロ「カフェ・シェ・ラ・メール・カトリーヌ」などが見ものです。ビストロという言葉は1814年、ロシア軍の占領時期に、時間が無かったコサック兵が「ビストロ!ビストロ!」(ロシア語で早く!早く!)と言いいながら一杯注文していたところから生まれたと言われています。テルトル広場はサクレ・クール寺院に隣接しており、その庭からはパリ屈指の美しいパノラマが見られます。エッフェル塔ノートルダム凱旋門など、都とその主な建造物が眼下に広がる様は格別です。
トゥルーズ・ロートレック、モディリアーニ、ブラック、ピカソ、ファン・ゴッホらに代表される印象主義、キュビスム、フォーヴィスム、未来主義、シュルレアリスムといった絵画における複数の大きな動きを生み出したモンマルトルは芸術面で肥沃な地です。ミニバスでのパリの一日ツアーまたは組み合わせ、歴史的パリノートルダム&モンマルトル&ルーブル(優先入場付)をご利用になり、テルトル広場の散策をお楽しみ下さい。