プロヴァン

パリから東南80kmに位置する中世都市プロヴァンでは城壁、ドンジョン(多角形の塔)、地下道、騎士たちがそのイメージを代表しています。旧石器時代から人間が住んでいたこの地は、中世には商業都市となり、特に贅沢品が求められました。シャテルと呼ばれる高台の町とヴァルと呼ばれる下町から成り、有名なシャンパーニュの大市のあったフィリップ・オーギュストと聖王ルイの時代に輝かしい繁栄を見ました。
2001年以来世界文化遺産に登録されているプロヴァンの土地柄は名所旧跡が豊富で、この町の貴重さを裏付けています。12世紀建造の四角い土台に乗った八角形のドンジョンであるセザールの塔、13世紀の商家で博物館に改装され中世の職業(陶工、石切工、商人…)を蘇らせた十分の一税用の倉庫、1270年に始まるフランス最古のオステルリー(田舎の小ホテル)で現在も創業しているオステルリー・ド・ラ・クロワドール、そしてまた古都の地下には見学可能な中世の地下道が張り巡らされており、これがウンベルト・エーコの物語「フーコーの振り子」の舞台となりました。
城塞近くで行われる衣装、音楽、アクロバットを含めた軽乗馬術ショーやハヤブサのショー「城壁の鷲」以外にも、石畳の路地や中世のアートや美食術がうかがえるハーフティンバー様式の愛らしい家屋など、この町全体が素晴らしいタイム・トラベルをお約束します。
Pariscityvision.comでは中世都市プロヴァン(交通機関およチケット付き)による自由観光をご提供しています。

1 ツアー

中世市場都市プロヴァン観光ツアー

ユネスコの世界遺産に登録されているプロヴァンには、中世の趣が色濃く残されております。また毎日、皆様を中世へタイムスリップさせる催し物が用意されています。息を呑む中世のスペクタクル(馬上から自由に飛び回る鷲を操るショー、乗馬ショーなど)だけでなく、セザール塔、十分の一税の倉庫(かつての屋内市場)など歴史的なサイトも是非お楽しみください。

主要時間 : 9 時間
から €66.00 その他