EUR

Langue

Devise

EUR- Euro
ARS- Peso Argentino
AUD- Australian Dollar
BRL- Real Brasileiro
GBP- English Sterling Pound
CAD- Canadian Dollar
CNY- 元人民币
HKD- Hong-Kong Dollar
JPY- 日本円
MXN- Peso Mexicano
CHF- Franc suisse
USD- US Dollar
クレイジー・ホース Search bar

クレイジー・ホース

全てのツアーとアクティビティ

検索

フィルター

ツアー言語

所要時間

価格

および

交通機関のタイプ

観光タイプ

追加オプション

プロモーション商品
貸し切り可能な商品
優先アクセス
ピックアップを含む
身体障がい者用アクセス
子ども向け

有名なジョルジュサンク通りに面し、エッフェル塔シャンゼリゼからほど近いクレイジー・ホースは、“パリでもっともアバンギャルドなキャバレー”です。1951年、女性の身体の昇華の創造的なビジョンのために、誕生しました。その官能的でエレガントなショーは、洗練されたダンサーたちに光を纏わせ、世界中を悩殺しました。ムーラン・ルージュリドと並び、パリの三大キャバレーのひとつに数えられます。
クレイジー・ホースのホールはもともとワイン蔵で、今では12の蔵をつなげて構成されています。シャルル・アズナブールはデビューのときにここでショーを行いました。グラマラスで魅力的なキャバレーのダンサーたちは“クレイジー”色の唇をしており、その唇には年間300本の口紅が使われています。彼女たちは、一晩に2回、 土曜の夜は3回も観客を魅了しています。ダンサーたちがイギリスの衛兵に扮する ショー「God save our bareskin(ゴッド セイヴ アワー ベアスキン)」は、1989年からオープニングで行なわれており、今では伝説的なショーとなっています。
このキャバレーは、“特別な場所で特別な女性”のショーをときどき行います:たとえば、ディタ・ヴォン・ティースやパメラ・アンデルソンなどは、短期間で3〜4回の特別なショーをしました。ショーとショーの間の休憩も伝統的なスタイルで、歌、マジック、腹話術、中国の影絵などいろいろな“アトラクション”が行われ、クレイジー・ホース・サルーン独自の神話的なリズムを生んでいます。