ケ・ブランリー美術館

ケ・ブランリー美術館のチケットをご予約ください

セーヌ川のほとりに位置するケ・ブランリー美術館は、2006年に開館した、パリを代表する美術館で最も新しい美術館です。40,600 m²の敷地内にあるジャン・ヌーベルにより設計されたモダンな4つの建物は、理想的に地区と融合し、世界のユニークなコレクションの所蔵に最適な場所となっており、あらゆる起源にまつわる1,320,000点の芸術作品を有します。

ケ・ブランリー美術館のチケットを予約し、数多くの芸術作品や信仰的または文化的な工芸品などのセレクションを通して、アフリカ、アジア、アメリカの文明をご覧ください。また、これまで人類博物館に展示されていた民族学のコレクションをケ・ブランリーでお楽しみいただくことも可能です。美術館のエンブレムは、世界や忘れられがちな伝統文化の理解へと続く扉への第一歩を表しています。人々が多産を願い崇拝していたとされるチュピクアロの土偶の前では、まるで古代メキシコへ旅に出ているかのようでしょう。

常設展示コレクションのスペースへ入り、別の大陸へとお進みください。ケ・ブランリーのチケットをご購入いただくことで、あまり知られていない文化の豊かさに感激し、思いがけないその魅力にすっかり夢中になることでしょう。 オセアニアの島々の古代王たちの装飾品を鑑賞し、ドゴン族の個性的な芸術作品を前に感嘆し、中世と北アフリカの魔術の儀式について学び、ヨーロッパに植民地化される前後のアメリカ文明の芸術的歴史をたどり、千年以上の歴史を持つ日本からシャーマニズムが今なお継承されているシベリアの荒れ果てた草原まで、広大なアジアを駆け抜けください。

ケ・ブランリー美術館のチケットとしてだけではなく、国境や世紀を越えることが出来る価値のある素晴らしいパスポートとして魔法のチケットをご購入ください。ここでの雰囲気は、独特で心地よく穏やかなものです。我々が次世代へと受け渡すために保存するべき繊細な作品の数々を保護するための薄暗い光が、この場所にさらに神秘さを加えます。美術館で鑑賞いただける見逃せない作品の中でも、カナダのアメリカ先住民に由来するトーテムポール、とても繊細な表情を持つペルーのモチカの要人の肖像の壷、また、パプアの恐ろしいアスマットの祖先の頭蓋骨のコレクションは特に素晴らしいものです。

ケ・ブランリー美術館での訪問は、何度でも経験したくなるものです。臨時展示、ショー、コンサートも定期的に入れ替えを行っていますので、幾度もお楽しみいただけます。メディアライブラリー、ショップ、書店、レストランもあり、親しみやすく心地よい空間であるこの建物は、パリでの休暇中に、文化的で落ち着きがありながらも新鮮な息抜きをしたいという観光客には見逃せない場所となっています。 

毎年100万人以上が訪れる観光地ですので、大勢の人々が訪れる時期は待ち時間も非常に長くなります。パリのケ・ブランリー美術館の優先入場券をオンライン上で注文購入し、快適に、貴重な時間を有効利用しましょう。

また、ケ・ブランリー美術館への訪問をまだ予定していない方々は、ルーブル美術館へご来館の際に、パビリオン・デ・セッション(Pavillon des Sessions)にて概要をご覧いただくことが可能です。

1 ツアー

パリのケ・ブランリー-ジャック・シラク美術館を訪問

ケ・ブランリー-ジャック・シラク美術館への訪問では、アジア、オセアニア、アメリカ、アフリカ、近東のヨーロッパとは異なる文明芸術を通して、200年の歴史に浸っていただけます。優先入場券で、個性的な建築様式の建造物へ優先的に入場していただけます。

所要時間 : 2 時間
から €12.00 その他